捷径医筌 しょうけいいせん

文書・書籍 / 江戸 / 愛媛県 

中江藤樹
なかえとうじゅ
江戸時代前期/明暦元(1655)年
典籍
5冊
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

本資料は、大洲藩士であった陽明学者中江藤樹が著した医学書である。形態は横半帳で全6冊であるが、この史料は5冊となっている。頁数は約600頁。木版刷。医学書「捷径医筌」は、藤樹の弟子であった新谷藩士大野了佐のために寛永15(1638)年に執筆されたものである。大野了佐はこの「捷径医筌」で学んだ後、宇和島藩領宮内村(八幡浜市)で開業した。その後明暦元(1655)年に木版で刊行された。本書に捺されている「寶玲文庫」の印から、もとは英国の東洋研究家フランク・ホーレー(FrankHowley)氏のコレクションに含まれていたことが分かる。

作品所在地の地図

関連リンク

捷径医筌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中江藤樹書「知覚弁」
解体新書
解体新書

杉田玄白訳

大洲藩領絵図
解体発蒙
解体発蒙

三谷樸

大洲藩領大絵図
ページトップへ