中江藤樹書「知覚弁」 なかえとうじゅしょ「ちかくべん」

 / 江戸 / 愛媛県 

中江藤樹
なかえとうじゅ
江戸時代
紙本墨書
1幅
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

中江藤樹が、人間の知覚について禽獣魚虫草木と比較して論じた原稿の一部を軸装したもの。掛軸は表に「藤樹先生真蹟」と箱書された木箱に収められている。箱裏にも文政13(1830)年の波多橘洲による「中江先生知覚辨片紙原應在江州小川村書堂散人西村生之手不知全編在誰家見首書ノ霊覚云々可識矣雖碎珠片璧乎古賢之真蹟寳可珍襲尊尚之也」との箱書があり、この資料が藤樹書院のある近江国小川村の西村氏が所蔵していること、全編は遺されておらず「ノ霊覚」からはじまる部分を見ることができるのみであるけれども、古い賢人の真蹟であり、宝として大切に伝えていかなければならないことなどが記されている。

作品所在地の地図

関連リンク

中江藤樹書「知覚弁」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

捷径医筌
捷径医筌

中江藤樹

藤樹書院跡
紙本墨書致良知三大字
紙本著色中江藤樹像
東山田村・野田村・伊賀上村、俵津浦山境争論裁許絵図
ページトップへ