七科約説 しちかやくせつ

文書・書籍 / 明治 / 静岡県 

浜松市
1879年(明治12年)/19世紀
冊子
2冊
浜松市博物館

日本最初の西洋医学書です。1874年(明治7年)浜松県は西洋医学を学ぶために設立した浜松病院の院長として太田用成を招きました。医学書翻訳の必要性を感じた太田は、同僚の柴田しょう平、虎岩武と共にペンシルバニア大学ハツホルン教授が1879年に刊行した「医学大鑑」の翻訳を手がけ浜松にて出版したものです。内容は、解剖・生理学・化学・薬物・内科・外科・産科の七科に及ぶことからこの書名がつきました。

作品所在地の地図

関連リンク

七科約説チェックした作品をもとに関連する作品を探す

解体新書
解体新書

杉田玄白、前野良沢ほか

解体新書
解体新書

杉田玄白訳

エペイ目録訳書
『日講記聞原病学各論』
『日講記聞原病学各論』

三瀬諸淵・高橋正純訳

武雄の蘭書
ページトップへ