蘭船持渡の蘭書目録 らんせんもちこしのらんしょもくろく

文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代後期/1839~1860
22冊
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市
重要文化財

 武雄には、天保10(1839)年から安政7(1860)年頃までの蘭書目録が22冊残されている。目録は、本来、天保10年の「蛮社の獄」の際に、蘭書の検閲用に作成され始めたが、後には、幕府が必要とする蘭書の選択に用いられ、それがさらに、武雄など蘭書の購入を望む諸家の間に拡がっていった。
※写真左上は「西洋書原簿」。第28代武雄領主鍋島茂義没後の文久3年(1863)2月、彼の手元に残された西洋書をリスト化したもの。分野別に262冊の書名が記されている。

関連リンク

蘭船持渡の蘭書目録チェックした作品をもとに関連する作品を探す

武雄の蘭書
船関係資料
試薬臼砲(プルーフ・モルチール)
和蘭七州幟幷近年渡来ノ洋舶徴幟
ナポレオン式四斤野砲
ページトップへ