救荒植物集説 きゅうこうしょくぶつしゅうせつ

その他の画像全5枚中5枚表示

文書・書籍 / 明治 

伊藤圭介述・賀来飛霞記
いとうけいすけ・かくひか
明治17年/1884年
61帖/「三田育種場」「九春書屋」の罫紙を使用
縦24.5×横17.2cm
1冊

シーボルトに西洋植物学を学んだ伊藤圭介が自著「救荒食物便覧」(天保7年著)や実験をもとに、その他、諸書を参考にしながら、「賀来飛霞ノ増補ヲも加へ」て、明治17年(1884)にまとめ著したもの。全部で123種の植物について、科名・方言・漢名・洋名、色、形態の特徴、植生、調理方法などが記されている。本書は、「文部省報告官報」として刊行された同名書の下書き、もしくはその写しとみられ、豊前・豊後の方言が多く記入されていることや、当時伊藤圭介が82歳の高齢であったことから、実際の執筆には飛霞が深く関わっていたものとみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

救荒植物集説チェックした作品をもとに関連する作品を探す

賀来飛霞植物写生図 フジウツギ図
賀来飛霞植物写生図 タニワタシ図
賀来飛霞植物写生図 ニワトコ図
賀来飛霞植物写生図 芭蕉図
賀来飛霞植物写生図 ホドイモ図
ページトップへ