紫地葵紋付葵葉文様辻が花染羽織 むらさきじあおいもんつきあおいばもんようつじがはなぞめはおり

工芸 / 安土・桃山 / 中部 

愛知県
桃山/1601-1700
表は紫練貫、裏は浅葱平絹の綿入れ袷仕立てである。袖は幅と袖口が狭い小袖仕立てで、振りはない。襟は垂領、共裂で裾まで通し、衽はない。
 文様は、全面に大柄の葵葉を二〜五枚…
身丈112.0 裄58.0 前幅36.5 後幅36.5 袖丈51.5 袖幅22.0
袖口22.0 襟幅13.0(㎝)
1領
徳川美術館 愛知県名古屋市東区徳川町1017
重文指定年月日:20040608
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人徳川黎明会
国宝・重要文化財(美術品)

本羽織のような大柄の葵葉を散らした類品には、桃山時代末期に徳川家康(一五四二~一六一六)より新井源左衛門威忠が拝領したとされる「水浅葱練緯地蔦模様三葉葵紋付辻が花染胴服」(東京国立博物館蔵)が知られ、葵の配置、露の置き方、縫い締め絞りの技法、配色の共通性などに類似点が認められる。
 また、京都の呉服商雁金屋が注文を控えた慶長七年(一六〇二)の『御染地之帳【おんそめじのちょう】』に、徳川家康の注文分として「御地むらさきにあふひを一は二はつゝちらしてあふひの中あさきひわしろに一はつゝかへてきせわけにあふひ大らかに」(御地紫に葵を一葉二葉ずつ散らして、葵の中浅葱、鶸、白に一葉ずつ変えて着せ分けに葵大らかに)との記載があり、本羽織と同様の辻が花染が雁金屋で作られていたことが知られる。
 本羽織と小袖は、ともに尾張徳川家四代吉道(円覚院)(一六八九~一七一三)着用の遺品であるが、文様や仕立て寸法、辻が花染の技法などから、もとは徳川家康の遺品と考えられ、駿府御分物のうち家康着用の「御めし領」とは別に尾張徳川家初代義直(一六〇〇~五〇)に分与され、尾張徳川家に伝わったものと考えられる。
 本品は遺例が少ない徳川家康に関わる完成期の辻が花染の作品であり、表裏地とも後補が見られず、当初の姿をよく伝えた保存状態がきわめて良好な辻が花染の貴重な遺例である。

作品所在地の地図

関連リンク

紫地葵紋付葵葉文様辻が花染羽織チェックした作品をもとに関連する作品を探す

浅葱地葵紋散文様辻が花染小袖
紫地葵紋付葵の葉文辻ケ花染羽織
白地葵紋紫腰替辻が花染小袖
紺地葵紋散槍梅文辻ケ花染小袖
辻が花染小袖
ページトップへ