快天山古墳 かいてんやまこふん

その他の画像全6枚中6枚表示

古墳 / 中国・四国 

香川県
丸亀市綾歌町
指定年月日:20040930
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

快天山古墳は、香川県のほぼ中央部の横山山麓から南に向かって派生する尾根の先端に立地する前方後円墳である。昭和25年(1950)、地元の中学生により露出した石棺が発見されたことを機に香川県教育委員会が埋葬施設の調査を実施し、昭和26年(1951)には京都大学考古学研究室が追加調査を行った。さらに、平成13年度からは綾歌町教育委員会が古墳の規模等を確認する目的で発掘調査を実施してきた。
その結果、全長98.8m、後円部長68m、後円部高10.5m、前方部長35.6m、後円部高4.3m、くびれ部幅32.5mを測り、前方部3段、後円部は3段若しくはそれ以上の段築を有する前方後円墳であることが明らかとなった。四国で2番目、古墳時代前期に限れば瀬戸内地域で5番目の規模である。また、葺き石が施されていたこと、テラスに3mから4m間隔で円筒埴輪が配されていたことも判明した。
埋葬施設としては、後円部に2基の竪穴式石室と1基の粘土槨の存在が確認され、いずれも刳り抜き式の割竹形石棺を有していた。割竹形石棺は古墳時代前期の讃岐地域において築造された前方後円墳を中心に採用された形式であり、香川県鷲の山産の石材が使用された。この古墳は割竹形石棺を採用した古墳の中では最古期に位置付けられる。
副葬品はすでに盗掘を受けていたが、第1号石棺から方格規矩四神鏡、鉄刀・鉄剣・鉄鏃、鉄斧・鉄鑿、刀子、石釧、管玉・勾玉など、第2号石棺からは仿製内行花文鏡片・鉄剣、鉄斧、刀子、管玉、第3号石棺からは仿製内行花文鏡、鉄剣などが出土した。埴輪の特徴や副葬品の内容等から、古墳の築造年代…

作品所在地の地図

関連リンク

快天山古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津田古墳群
御厨古墳群
産土山古墳
渋野丸山古墳
茶すり山古墳
ページトップへ