昼飯大塚古墳 ひるいおおつかこふん

古墳 / 中部 

岐阜県
大垣市昼飯町
指定年月日:20000906
管理団体名:大垣市(平20・11・27)
史跡名勝天然記念物

 昼飯大塚古墳は古墳時代前期の前方後円墳である。明治10年代に後円部の石室が盗掘され,鏡や銅鏃・巴形銅器,多数の玉類などが出土したと伝えられるが,ほとんどが所在不明となっている。大正年間には学会誌に紹介され名が知られるところとなり,昭和31年に旧赤坂町の史跡,昭和42年には合併して大垣市の史跡となった。昭和55年の名古屋大学による初めての発掘調査の後,平成6〜11年度に大垣市教育委員会が範囲確認調査を継続実施し,古墳の概要が判明した。その成果により平成10年に岐阜県の史跡に指定されている。
 昼飯大塚古墳は北側の金生山に続く標高25mの牧野台地上に立地する。前方部を西南に向ける3段築成の前方後円墳で,周囲に鍵穴形の周溝が巡る。周溝は中世までにかなり埋没し,昭和40年代の土地改良事業によりさらに埋め立てられた。そのため,3段築成のうち下段が埋没し,現状では中段・上段のみが地上に現れており,周囲は宅地化が進んでいる。発掘調査の結果,古墳の規模は,全長約150m,後円部径96m,高さ13m,前方部長約50m,前端幅約80mであることが判明した。また墳丘各段の状況もほぼ確かめられ,葺石や埴輪列もよく遺存していることが明らかとなった。
 後円部の墳頂は,埴輪列が直径20mの円形にめぐり,全面に礫を敷いている。ここから勾玉・管玉・臼玉・棗玉・算盤玉など約400点の滑石製玉類,少量のガラス玉,高坏や小型丸底壺などの土師器,笊形土器及び土製品など,墳頂部で行われた葬送にともなう儀礼に使われたものが残されていた。また主体部上には形象埴輪が設置されていたらしく,靱・盾・蓋・家形などの埴輪片が出土している。墓坑は…

作品所在地の地図

関連リンク

昼飯大塚古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

渋野丸山古墳
黒姫山古墳
角塚古墳
安徳大塚古墳
快天山古墳
ページトップへ