野津古墳群 のづこふんぐん

その他の画像全5枚中5枚表示

古墳 / 九州 

熊本県
八代郡氷川町
指定年月日:20050302
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

野津古墳群は熊本県のほぼ中央部、九州山地西麓部の標高90から110mの台地上に立地する、古墳時代後期の4基の前方後円墳からなる古墳群である。これまで、平成5年度に熊本大学法文学部考古学研究室、平成6から8年度に竜北町教育委員会が内容を確認する発掘調査を行ってきた。
 古墳は、北から姫ノ城古墳、物見櫓古墳、中ノ城古墳、端ノ城古墳の順に並ぶが、出土遺物等から見て、概ね物見櫓古墳、姫ノ城古墳、中ノ城古墳、端ノ城古墳の順に築造されたと考えられる。
 物見櫓古墳は、本古墳群の中では最も小さく、墳丘長62mで周濠も伴わない。墳丘には葺石を持つが、埴輪は確認されていない。埋葬施設は盗掘を受けていたが、石の抜き取り跡から複室構造の横穴式石室で全長11m前後になるものと推定されている。副葬品は多数の陶質土器や須恵器、鉄鏃、鉄矛、挂甲、胡籙、馬具、ヤリガンナ、ガラス玉、垂飾付耳飾などで、6世紀初頭頃の築造と見られる。
 姫ノ城古墳は、墳丘長86m、周濠を含めた総長は115mで、墳丘には葺石、埴輪を有する。主体部は未確認であるが、レーダー探査の結果、横穴式石室である可能性が考えられている。この古墳を特徴づけるものは石製表飾品である。古くから靫2点、衣笠の笠部6点及びその支柱部3点、石見型盾5点等の出土が知られていたが、今回の調査でも石見型盾2点が発見され、これは福岡県岩戸山古墳に次ぐ点数である。時期は6世紀初頭から前半頃と見られる。
 中ノ城古墳は本古墳群の中では最も規模が大きく、墳丘長102m、周濠を含めた総長は117mに達する。墳丘は3段築成で、葺石、盾持…

作品所在地の地図

関連リンク

野津古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

渋野丸山古墳
甲立古墳
大野窟古墳
雪野山古墳
津田古墳群
ページトップへ