装飾付須恵器 そうしょくつきすえき

その他の画像全3枚中3枚表示

土器・土製品類 / 古墳 / 兵庫県 

兵庫県
古墳時代後期
須恵器
兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
兵庫県立考古博物館
県指定重要有形文化財

勝手野古墳群は小野市にあり、加古川右岸の山麓斜面に立地し、横穴式石室を埋葬施設とする円墳11基からなる古墳時代後期の古墳群です。
6号墳は直径10~11mの円墳で、無袖式の横穴式石室は東南東方向に開口しています。
石室中央には箱式石棺が置かれていますが、石室は盗掘、破壊により残存状況はよくありません。
出土品には装飾付須恵器(器台)があります。イノシシ、矢が刺さったシカ、騎馬人物、相撲風景をあらわす小像が巡らされています。小像群の情景は『播磨国風土記』に見られる神話的伝承と通じるものもあり、葬送儀礼を考える上で貴重な資料です。

作品所在地の地図

関連リンク

装飾付須恵器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西宮山古墳 須恵器 器台
西宮山古墳 須恵器 台付広口壷
西宮山古墳 須恵器 台付子持壷
年ノ神6号墳出土品(327点)
須恵器 装飾付脚付壺
ページトップへ