文化遺産オンライン

巨勢山古墳群

こせやまこふんぐん

概要

巨勢山古墳群

こせやまこふんぐん

古墳 / 近畿

奈良県

御所市大字室・大字城山台・大字西寺田・大字條・大字多田・大字朝町

指定年月日:20021219
管理団体名:

史跡名勝天然記念物

巨勢山古墳群は、奈良盆地の南部、巨勢山丘陵を中心とした東西3.3km、南北3. 5kmの範囲に分布する、5世紀中葉から6世紀後葉頃に築造された約700基を数 える我が国最大規模の群集墳である。山塊から派生する尾根上に、10基程度からな る支群が多数展開している。大半は直径約10mから20m程度の小規模な円墳であ るが、全長40m前後の前方後円墳3基や、直径30m程度の円墳、一辺10mから 20mほどの方墳も確認している。
 土取り等の開発の進行に伴って古墳群の破壊が進んだため、昭和49年度以降、奈 良県立橿原考古学研究所と御所市教育委員会が、丘陵の西部、南部の支群を中心にし て約90基の古墳の調査を行った。また、昭和58年には詳細な分布調査を実施して いる。古墳群の約2割は開発のため消滅し、指定予定地内には約300基が所在する。
 本古墳群は大規模な群集墳であり、支群ごとに埋葬施設、副葬品に特徴がある。丘 陵最高部に所在する支群の前方後円墳は6世紀中葉の築造で、主体部は木棺直葬であ る。葺石、埴輪等の施設は認められず、副葬品は概して少ない。また、北西部の室地 区では、従来2基の円墳とされてきたものが前方後円墳であることが判明し、これは 5世紀後葉の築造である。主体部は木棺直葬と見られる。隣接する円墳は横穴式石室 を持ち、6世紀後葉の築造である。なお、既に破壊されてしまったが、丘陵北西部の 境谷支群では、5世紀中葉から6世紀前半までの木棺直葬の埋葬施設とともに、6世 紀初頭から前半に築造した横穴式石室を確認しており、これは奈良盆地でも初期の例 …

巨勢山古墳群をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 古墳 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索