西求女塚古墳 にしもとめづかこふん

その他の画像全7枚中7枚表示

古墳 / 近畿 

兵庫県
神戸市
指定年月日:20050302
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

西求女塚古墳は兵庫県の南東部、六甲山系と大阪湾に挟まれた標高6から8mの扇状地上に立地する、古墳時代前期初頭の大型前方後方墳である。古墳の存在は古くから知られており、『万葉集』などでは悲恋伝説の舞台として語り継がれてきた。現在では、市街地の中にある公園として整備されており、市民の憩いの場として利用されている。
 神戸市教育委員会では、昭和60年度から古墳の内容を確認するための発掘調査に着手した。途中、平成7年1月に発生した阪神淡路大震災等により中断した時期はあったが、調査は平成14年度に終了した。
 その結果、慶長元年(1596)に発生した慶長伏見大地震により、墳丘や埋葬施設である竪穴式石室が地滑りや崩落の被害を受けていること、墳丘は前方後方墳であることが判明した。
 古墳の規模は全長98m、後方部長52m、前方部長46m、後方部幅50m、くびれ部幅25m、高さは最大9mで、主軸は東西方向である。前方部には2段以上の段築があり、葺石は基底部付近でわずかに検出された。
 埋葬施設としては、後方部で主軸と直交する南北方向に1基の竪穴式石室が確認された。この石室は、地震による地滑りで全体の3分の1が崩れており旧状は留めていなかったが、南小口から75cmのところで大きな1枚の板石により仕切られ、遺骸の埋葬された北側の主室と副葬品だけが納められた副室からなっていることが判明した。また、石室に使用された石材にはベンガラの上に水銀朱が塗布されていたことも明らかとなった。
 副葬品は、主室から三角縁神獣鏡7面を含む青銅鏡12面、鉄槍2点、短剣4点、小札1点…

作品所在地の地図

関連リンク

西求女塚古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三成古墳
柳田布尾山古墳
黒塚古墳
藤本観音山古墳
大安場古墳
ページトップへ