重森三玲邸書院・茶室 しげもりみれいていしょいん・ちゃしつ

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 江戸 / 近畿 

京都府
江戸/1830-1867/1953増築
木造平屋建、瓦葺、建築面積105㎡
1棟
京都府京都市左京区吉田上大路町34-23
登録年月日:20050209
登録有形文化財(建造物)

平屋建で南の15畳の書院,北の6畳の裏書院及び茶室からなる。書院は北に床・棚・書院を構え,床の前方1間筋に無目を入れて小壁をつくり,南を棹縁天井,北を格天井とした独特の構成。「撫字庵」と号する増築部の茶室は,作庭家重森三玲の代表作のひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

重森三玲邸書院・茶室チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久田家半床庵茶室
中村家住宅大歌堂
順正南禅寺本店(順正書院)書院
大聖寺残月亭
慈済院書院
ページトップへ