文化遺産オンライン

明覺寺茶室杏梁庵

めいかくじちゃしつきょうりょうあん

作品概要

明覺寺茶室杏梁庵

めいかくじちゃしつきょうりょうあん

宗教建築 / 大正 / 近畿

京都府

大正/1920

木造平屋建、瓦葺、建築面積20㎡

1棟

京都府京都市下京区新町通正面下る平野町781他

登録年月日:20221031

登録有形文化財(建造物)

本堂の奥に位置。観月橋にあった本願寺門主の別邸三夜荘からの移築と伝わる四畳半の茶室と、隣接する四畳水屋からなる。切妻造桟瓦葺で南に土庇を付す。茶室は半間床で網代天井は北半間を一段落とす。南に躙口、西に貴人口を開ける。大谷光瑞ゆかりの茶室。

関連作品

チェックした関連作品の検索