伊藤喜商店無量子庵茶室及び待合 いとうきしょうてんむりょうしあんちゃしつおよびまちあい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 近畿 

京都府
大正/1926頃
茶室 木造平屋建、瓦葺一部銅板葺 建築面積35㎡ 待合 木造平屋建、鉄板葺、建築面積3.7㎡
1棟
京都府京都市東山区松原通大和大路東入二丁目轆轤町100-1
登録年月日:20080708
登録有形文化財(建造物)

無量子庵主屋の北に接続する木造平屋建で、茶室玄関や三畳、水屋を介して四畳半茶室に至る。屋根は切妻屋根を組み合せ、茶室には庇が付く。待合は茶室西方に位置する。桁行10尺梁間4尺規模の南北棟で、東向きに建つ。軸部は磨丸太とし、丁寧なつくり。

作品所在地の地図

関連リンク

伊藤喜商店無量子庵茶室及び待合チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊藤喜商店無量子庵主屋
伊藤喜商店無量子庵井戸
伊藤喜商店無量子庵土蔵
旧邸御室待合
久田家半床庵茶室
ページトップへ