南部駒踊 なんぶこまおどり

無形民俗文化財 / 東北 

選択年月日:19741204
保護団体名:洞内南部駒踊保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、青森県の十和田市、三沢市、八戸市など旧南部藩の各地に盛んに行われているもので、駒の産地にふさわしく野馬捕促の様を模した踊と言われている。十和田市大字洞内【ほらない】に伝わる駒踊は毎年九月二日の法蓮寺の法身【ほつしん】まつりに奉納される。
 駒(人が模擬乗馬を腰につける。十頭)、太鼓、手びら鉦、杵などの各役が一列縦隊で入場し、位置を定めて円陣を作り、「庭入り」「直駒【なおりごま】」「引返し駒」「三宝荒神」「庭引き」の順序で勇壮に踊られる。
 いかにも地方的特色の顕著な芸能で、踊り手の馬の首形にまたがるような姿は、これは風流の芸能であるけれども正月予祝の芸能の春駒との関連を思わせる。

関連リンク

南部駒踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉浜の鹿島踊
本地の花笠踊
西祖谷の神代踊
現和の種子島大踊
大瀬の太鼓踊
ページトップへ