本地の花笠踊 ほんじのはながさおどり

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選択年月日:19720805
保護団体名:本地花笠踊り保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、広島県山県郡千代田町本地に伝承される太鼓踊の一種で、別に南条踊、豊年踊などとも呼ばれる。男性のみのたずさわる女装芸の一つで、美しい風流の花笠をかぶる。
 由来では、天正年間、吉川元春が南条元続を攻略したおり、壮者を踊子に装わして功を奏したのに始まるともいう。
 その次第は、歌頭を先頭に太鼓・鉦・笛・踊子などの道行、シャギリ・御山掛り・イレハ・腰揃え・庭〆・庭附の順序で進行し、そのあと、庭着・柳の下・伊勢浜など表十二庭、佐渡島・庭の柳など外踊六庭、庭着・六調子など裏踊六庭の計二十四庭の曲が、美しい小歌を地にして踊られる。
 太鼓踊の一段と風流化した芸態は、地方的特色の顕著なものである。公開は六月第二日曜日。

関連リンク

本地の花笠踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大瀬の太鼓踊
水無神社の神事芸能
勝手神社の神事踊
八代の花笠踊
西祖谷の神代踊
ページトップへ