Minasejinjanoshinjigeino

水無神社の神事芸能

Details

Minasejinjanoshinjigeino

水無神社の神事芸能

無形民俗文化財 / 中部

選択年月日:19720805
保護団体名:水無神社神事芸能保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)

記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、岐阜県大野郡宮村の水無【みなせ】神社例大祭のおり(五月一日、二日)に行なわれるもので、鶏闘楽・神代踊・獅子舞からなる芸能規模の大きい風流芸の一種である。神代踊はまた小歌踊の性格を持つなど、地方的特色の濃いものである。
 鶏闘楽は鳥毛打、カンカコカンなどとも呼ばれ、鉦打・太鼓打・二座太鼓などで構成され、その楽曲に入羽・からすとび・中調子など六種がある。
 神代踊はふるくは宮踊ともいわれ、上〓は女装で花笠、他はすべて黒紋付羽織、踊子は一文字笠をかぶり白扇を持ち、音頭につれて合唱しながら踊る。曲には白菅踊・池田踊・綾踊など六曲がある。また、獅子舞は振獅子(雄獅子)と伊勢神楽の獅子(雌獅子)が舞われ、獅子芝居も行なわれる。

Related Works

Search items related to work chosen