男鹿目潟火山群一ノ目潟 おがめがたかざんぐんいちのめがた

天然記念物 / 東北 

秋田県
男鹿市
指定年月日:20070726
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

一ノ目潟は、秋田県男鹿半島の先端付近にある淡水湖である。二ノ目潟、三ノ目潟とともに目潟火山群を構成し、火山の形態の一つであるマール(爆裂火口)の典型として知られる。目潟火山群は、更新世最末期に成立した単性火山群である。マールは水とマグマが接触して起こるマグマ-水蒸気爆発によって円形の火口を生じる。その際の爆発力が非常に強いため、噴出物は周辺に広範囲に飛び散り火口にはわずかの堆積物が残るだけで顕著な環状の丘を持たない。また、男鹿目潟火山群のように火山活動後、火口に水が貯まって、ある程度水深のある爆裂火口湖を形成することが多いのもマールの特徴である。
 東北地方はプレートの沈み込みに伴う東西の圧縮応力場に支配されているため、このような単成火山が出現することは珍しく、マールは東北地方においては男鹿目潟火山群だけが唯一である。日本列島全体を見渡しても伊豆大島の波浮港や鹿児島県指宿周辺の山川港などいくつかの例が確認できるだけである。
 3つのマールは東北東の方向にほぼ直線上に並んでおり、東側から一ノ目潟、二ノ目潟、三ノ目潟と呼ばれている。一ノ目潟は直径600m、面積0.26平方キロメートル、水深44.6mに達し、3つのマールの中では最大規模である。
 目潟火山群の各々の成立については、一ノ目潟、二ノ目潟、三ノ目潟の順番で形成され、各目潟からの火山噴出物の層序、一ノ目潟南岸露頭最下部より採取した木片の放射性炭素分析による年代測定、姶良丹沢火山灰と更新世段丘との層位関係、一ノ目潟の湖底堆積物の分析等の研究結果から、一ノ目潟の形成年代は6万〜8万年前、三ノ目潟…

作品所在地の地図

関連リンク

男鹿目潟火山群一ノ目潟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

姫島の黒曜石産地
新湯の玉滴石産地
平成新山
象潟
鳥海山獅子ヶ鼻湿原植物群落及び新山溶岩流末端崖と湧水群
ページトップへ