大谷の奇岩群 
 御止山
 越路岩
おおやのきがんぐん
 おとめやま
 こしじいわ

その他の画像全2枚中2枚表示

名勝 / 関東 

栃木県
宇都宮市
指定年月日:20060728
管理団体名:宇都宮市(平19・1・17)
史跡名勝天然記念物

 大谷磨崖仏を本尊とする大谷寺の周辺地域は、緑色凝灰岩から成る一群の奇岩が田園地帯の中に屹立していることで有名である。特に近世から近代にかけては、岩体に松樹が点綴するその姿から「陸の松島」とも呼ばれ、独特の自然の景勝地として多くの人々に親しまれてきた。大谷の地形を特色づける緑色凝灰岩は、この地域に厚さ約300mにわたって堆積しており、今から約2,400万年前に海底火山の噴出物によって海底で生成されたものとされている。軟質で加工が容易であったことから、古く古墳の石室の材料としても切り出されたほか、近世以降には屋根や壁などの建築用材としても重宝され、全国に「大谷石」の名で知られた。このような採石業の発展と併行して、特に近代以降には紀行文、絵葉書、絵画、俳句等を通じて全国に紹介され、大谷は自然の奇岩群から成る景勝地としても知られるようになった。
 このように大谷寺背後の御止山の区域と、「陸の松島」を代表する奇岩として有名な越路岩の区域を含む大谷の奇岩群は、自然の景勝地として重要な意義を持ち、その観賞上の価値も高い。

作品所在地の地図

関連リンク

大谷の奇岩群 
 御止山
 越路岩
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大谷磨崖仏
二見浦
屏風ケ浦
摩尼山
七里岩
ページトップへ