十二因縁絵巻 じゅうにいんねんえまき

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 鎌倉 / 日本 

日本
鎌倉時代
紙本着色
縦26.8㎝ 長679.6㎝
一巻
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
重要文化財

十二因縁は、現実の人生の苦悩の原因を、順に12段階をたてて説明したもの。この絵巻は、『無明羅刹集(むみょうらせつしゅう)』という経典の上巻にある説話にもとづき、折た王(せったおう)が羅刹(鬼)にたとえられた12の因縁(老死(ろうし)・生(しょう)・有(う)・取(しゅ)・愛(あい)・受(じゅ)・触(そく)・六処(ろくしょ)・名色(みょうしき)・識(しき)・行(ぎょう)・無明(むみょう))を次々にたずね、ついに苦悩の根本である無明羅刹を降伏(ごうぶく)させる(図版)という内容を絵解きしたものである。詞書(ことばがき)は、淡墨で引かれた罫の中に漢文で書かれ、片仮名の訓点が付される。絵は闊達な描線と淡い彩色が特徴で、筆者には絵仏師などが想定される。

作品所在地の地図

関連リンク

十二因縁絵巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天狗草紙絵巻
葉月物語絵巻
絵因果経巻第四上(二十五行)
釈教三十六歌仙絵 玄賓僧都
普賢十羅刹女像
ページトップへ