松の末広絵巻 まつのすえひろえまき

日本画 

対馬宗家伝来
つしまそうけでんらい
日本
寛文−延宝(1661-81)頃
紙本着色 巻子
上巻33.0×658.0cm、下巻33.0×656.0cm
2

この物語の内容は、御伽草子(おとぎぞうし)の一つである『文正草子(ぶんしょうぞうし)』の異本と思われる。『文正草子(ぶんしょうぞうし)』は、塩焼を職業とする一介の庶民が、宰相(さいしょう)の位まで登りつめる出世物語。内容は、終始一貫してめでたいこと尽くしで、女子の正月の読始めの吉書(きっしょ)ともされた。本巻は、その後半部分を特に取り上げて構成している。巻頭から巻末まで連続構図で描き、詞書(ことばがき)はない。絵は清楚で品格があり、おそらく名家の女性のために描かれた作品であろう。

作品所在地の地図

関連リンク

松の末広絵巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

葉月物語絵巻
「探幽縮図」由原八幡宮縁起絵巻
平治物語絵巻 六波羅行幸巻
絵師草紙模本
住吉物語絵巻
ページトップへ