文化遺産オンライン

住吉物語絵巻

スミヨシモノガタリエマキ

作品概要

住吉物語絵巻

スミヨシモノガタリエマキ

絵画

3巻

継子であった中納言の姫君が、四位少将との仲を妬む継母の悪計を避けて住吉の尼の許へ隠れるが、やがて長谷の観音の導きで尋ねてきた少将に再会し、都へ戻って幸福な暮らしを送るという物語を描く。住吉物語には異本が多いが、これは絵巻として整えるために文章は最も簡略になっている。

住吉物語絵巻をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

物語 / 絵巻 / 少将 / 姫君

関連作品

チェックした関連作品の検索