文化遺産オンライン

住吉物語絵巻断簡

すみよしものがたりえまきだんかん

作品概要

住吉物語絵巻断簡

すみよしものがたりえまきだんかん

絵画 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

紙本着色

29.8x50.0

1幅

重要文化財

姫君を少将が見つけ出した後、少将の友人たちが住吉を訪ね、管弦の遊びを催したという場面。嘉永元年(1848)に写された模本に拠れば、右に展示している住吉物語絵巻(A-17)と一つの巻子だった。人物や樹木など、絵巻と断簡の表現はまさしく一致する。

住吉物語絵巻断簡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

絵巻 / 物語 / 断簡 / Kamakura

関連作品

チェックした関連作品の検索