絹本著色普賢十羅刹女像 けんぽんちゃくしょくふげんじゅうらせつにょぞう

絵画 / 平安 / 関東 

東京都
平安
1幅
東京都港区南青山6-5-1
重文指定年月日:19990607
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人根津美術館
国宝・重要文化財(美術品)

 普賢は『法華経』「普賢菩薩勧発品」に、法華経を読誦する者を守護する菩薩として、王朝貴族とりわけて法華経信仰に篤かった貴族女性に信奉されたが、同経「陀羅尼品」においてこの経を広めようとする者の守護を誓う十羅刹女もまた、同性としての女性に親しまれる素地があっただろう。両者が一図に併せ描かれることは日本独自の発案だったようで、その遺品も文献例も平安時代後期以降に限られる。普賢十羅刹女像の遺品はすでに七件が重要文化財に指定されている。なかで平安時代にさかのぼる遺品は京都・廬山寺本のみであるが、本図はこの廬山寺本と相前後する古例であり、いわゆる平安仏画の香り高い作品の一つに数えられる。
 十羅刹女像には唐装と和装の別があり、唐装の図像のほうが成立は古いとみられる。廬山寺本や藤田美術館本、そして本図は唐装の遺例である。本図は普賢菩薩を中心に、前方(画面左下隅)に幡を捧げて先導する天童二人、後方(画面右隅)に十羅刹女を画面右から左に向かって移動するように表している。諸尊は雲の上にあり、画面左側には散華が表されている。また、画面上方には天蓋が描かれているが損傷のため不明確である。廬山寺本では訶梨帝母を加えているが、本図にはない。
 菩薩の肌は白色に薄く朱隈を施し、薄墨線で描き起こしている。眼窩線を表さず、冠や服飾に截金を多用することは奈良国立博物館蔵普賢菩薩像と等しく、特に冠に菊花状の截金文を並べている点は、東京国立博物館蔵普賢菩薩像や金剛峯寺蔵応徳銘涅槃図中の普賢菩薩に共通する平安後期の技法である。天蓋や牡丹状の散華を表していることも古風である。
 …

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色普賢十羅刹女像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

普賢十羅刹女像
普賢十羅刹女像
釈迦三尊十羅刹女像
絹本著色普賢菩薩像
普賢菩薩像
ページトップへ