絹本著色普賢菩薩像 けんぽんちゃくしょくふげんぼさつぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 平安 / 近畿 

奈良県
平安
1幅
奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50
重文指定年月日:19810609
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

普賢菩薩像は「法華経勧発品」や「観普賢経」等によると、法華経を読誦する者の前に六牙の白象に乗って現われ、これを供養守護するといい、平安時代以降、天台宗における法華経信仰に伴って盛んに制作された。本図の像容は六牙の白象に乗り、合掌した姿にあらわされ、法華経の経説の如くであるが、象頭に三化人をおかず宝珠を載せた形をとっている。描写は繊細優美で、平安末期の仏画特有の美しさをたたえており、小品ながら稀少な当代仏画の遺例として尊重される。

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色普賢菩薩像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

普賢十羅刹女像
絹本著色普賢十羅刹女像
普賢十羅刹女像
普賢菩薩像
絹本著色普賢菩薩像
ページトップへ