滑石外筒/銅経筒/法華種子曼茶羅・真言等陰刻/伝福岡県出土 かっせきそとづつ/どうきょうづつ

考古資料 / 平安 / 近畿 

奈良県
平安/1141
1口/1口
奈良市登大路町50
重文指定年月日:19810609
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

本経筒は、北九州で集中的に検出される輪積式経筒の特色をよく備えたものである。とくに全面に表わされた普賢十羅刹女像は法華経勧発品の所説にふさわしい荘厳をつくした稀有な存在で絵画史上にも貴重な遺品である。保延7年2月15日(1141)の銘がある。
 滑石外筒は、蓋・身を一体として法華種子曼荼羅を刻むとともに真言などを表わし、内容器の経筒と一体化させた組合である。

作品所在地の地図

関連リンク

滑石外筒/銅経筒/法華種子曼茶羅・真言等陰刻/伝福岡県出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

経筒・外筒(伝福岡県出土)
絹本著色普賢菩薩像
滑石製宝塔形経筒
絹本著色普賢十羅刹女像
粉河経塚出土品
ページトップへ