壱岐鉢形嶺経塚出土品 いきはちがたみねきょうづかしゅつどひん

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 平安 / 近畿 

奈良県
平安/1071
一括
奈良市登大路町50
重文指定年月日:19770611
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

壱岐鉢形嶺から出土した石造弥勒如来坐像、台座共を中心とした一括遺物である。滑石製の一材彫成の像で、高さ五四・三センチを測る。右肩より背面腰部に刻された延久三年(一〇七一)に始まる銘文からして、経塚出土品とみられる極めて稀有なものである。像内には、如法経(法華経)を納入したと目される。また台座には弥陀の九品往生の願いをあらわし、全体として当時の複合した信仰形態を示した学術的に貴重なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

壱岐鉢形嶺経塚出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

弥勒如来坐像(長崎県鉢形嶺経塚出土)
高野山奥之院出土品
木造愛染明王坐像
豊前求菩提山経塚出土品
絹本著色普賢菩薩像
ページトップへ