木造愛染明王坐像 もくぞうあみぜんみょうおうざぞう

その他の画像全7枚中7枚表示

彫刻 / 鎌倉 / 近畿 

奈良県
鎌倉/1256
1躯
奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50
重文指定年月日:19770611
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

本像は、台座の銘文や像内に納入されていた経巻奥書によって、建長八年(一二五六法橋【ほつきよう】快成によって製作され、願主は著名な西大寺叡尊の高弟寂澄であったことが解る。像高一尺に満たぬ小像であるが、本体はもちろん装身具や台座、光背の細部まで非常に丁寧に作られており、それらがまたほとんど造像時のままに完存している。鎌倉中期の技巧的傾向を代表する作品で、造立の事情も明確であり、当代の基準作例として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

木造愛染明王坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

愛染明王坐像
愛染明王坐像

大佛師快成作、小佛師快尊・快弁、願主寂澄

絹本著色不動明王八大童子像
木造地蔵菩薩立像
木造如意輪観音坐像
壱岐鉢形嶺経塚出土品
ページトップへ