文化遺産オンライン

木造 阿弥陀如来立像

もくぞう あみだにょらいりつぞう

作品概要

木造 阿弥陀如来立像

もくぞう あみだにょらいりつぞう

木像 / 鎌倉 / 近畿

鎌倉時代

高さ三尺の阿弥陀如来立像で、来迎印を結び、西方極楽浄土から迎えにくる姿を表している。この大きさの阿弥陀像は、快慶によって多く作られ、鎌倉時代の典型となっている。当初は像…

像高99.1㎝

1躯

八尾市指定
指定年月日:20140303

有形文化財(美術工芸品)

関連作品

チェックした関連作品の検索