旧荘厳寺木造阿弥陀三尊立像 きゅうそうごんじもくぞうあみださんぞんりゅうぞう

木像 / 南北朝  室町 

南北朝時代から室町時代
一木造り(檜)
阿弥陀如来立像/像高 154.4㎝
観音菩薩立像/像高 99.6㎝
勢至菩薩立像/残存像高 94.8㎝
3躯
諫早市指定
指定年月日:20191101
有形文化財(美術工芸品)

 昭和55年度に報告された長崎県教育委員会編『諫早・大村・北高来郡の文化財』(彫刻:東京文化財研究所 修復技術部長の田辺三郎助氏の名がある。)の中では、次のように紹介されている。
「像高・中尊155.0㎝、脇侍各95.0㎝、南北朝時代、各像とも桧材の一木造、素地仕上げで、この時代に間々見られる平安古像写しの一例だが、出来の良い大作である。」

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

旧荘厳寺木造阿弥陀三尊立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造阿弥陀如来及び両脇侍立像<BR/> 附 観音菩薩像内納入品<BR/>    阿弥陀如来印仏       十五枚<BR/>   勢至菩薩像内納入品<BR/>    阿弥陀如来印仏 包紙添   十一枚<BR/>     内一枚に弘安八年二月の記がある<BR/>   阿弥陀如来像内納入品(追納)<BR/>    一、台座光背寄進状 包紙添  一通<BR/>    一、位牌           一柱<BR/>
厨子入木造観音菩薩像及び勢至菩薩像 附 銅製天蓋 木造宝塔 木造舎利容器
林公琰肖像画
多良嶽山観世音菩薩縁起并讃
銅像阿弥陀如来及び両脇侍立像
ページトップへ