木造阿弥陀如来坐像 もくぞうあみだにょらいざぞう

木像 / 南北朝 / 中部 

長野県
鎌倉時代13世紀前半
 本像は来迎印をむすぶ阿弥陀如来坐像で、像高52cm(髪際高45.5cm)。やや小ぶりの本尊であるが、いわゆる「三尺阿弥陀立像」の坐した姿としての大きさで造られている。本像の着衣形式…
像高52cm
1軀
長野県飯田市箕瀬町1丁目2464番地1
有形文化財(美術工芸品)

本像は、その造立事情を詳らかにはしえないものの、上伊那・飯田地域の名刹・柏心寺に本尊として伝来した、鎌倉時代13世紀前半の制作になる、慶派正統(運慶・湛慶流)の作風を継ぐ阿弥陀如来坐像として、当地の仏像受容史上、貴重な像であるとともに、北円堂弥勒仏像の後代への影響を示す早い作例として日本彫刻史上、注目すべき作例である。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

木造阿弥陀如来坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来坐像
木造 阿弥陀如来立像
木造阿弥陀如来及両脇侍像
円空仏(阿弥陀如来坐像、菩薩形坐像)
ページトップへ