阿弥陀如来坐像 あみだにょらいざぞう

彫刻 / 鎌倉 

13世紀 鎌倉時代
木造
像高91.9
1軀

鎌倉時代に造られた阿弥陀如来の坐像。若々しい張りのある表情、たくましく引き締まった肉体表現、彫りの深い変化に富んだ衣文(えもん)表現など、鎌倉時代のいわゆる慶派仏師の特徴が顕著に認められる。関東地方での造仏と考えられる優れた作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

阿弥陀如来坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ページトップへ