Seated Amida Nyorai (Amitabha)

Details

Seated Amida Nyorai (Amitabha)

Sculpture / Heian

Heian period, 12th century

Wood with gold leaf

高84.8 台座高17.6

1躯

来迎印を結ぶ阿弥陀如来坐像は平安時代後期、浄土教の隆盛とともに流行した。小粒に整然と彫られた螺髪(らほつ)、薄い胸や腹(横からご覧ください)、穏やかな表情、そして浅く彫られた衣の襞(ひだ)など、典型的な定朝様(じょうちょうよう)(平等院本尊の作者定朝が完成した様式)の特色を示す。

Related Works

Search items related to work chosen