西方寺 木造 阿弥陀如来立像
さいほうじ もくぞう あみだにょらいりゅうぞう

その他の画像全5枚中5枚表示

木像 / 平安 / 近畿 

不明
大阪府
平安時代後期(12世紀後半)
 ヒノキ材一木造、彫眼、体部漆箔、衣部古色。頭体幹部を通して一木から彫出する。
 肉髻珠、螺髪。白毫は水晶製。彫眼、耳朶環状、三道を彫出する。衲衣、偏衫、裙を着け、右手…
像高89.4㎝、髪際高84.0㎝、頂‐顎16.6㎝、髪際‐顎10.4㎝、面幅9.8㎝、耳張12.5㎝、面奥13.2㎝、胸厚10.2㎝、腹厚13.0㎝、肘張26.5㎝、裾、張19.8㎝、足先開(外) 12.7㎝、足先開(内)4.8㎝。重量は不明…
1躯
大阪府松原市三宅中5丁目11番16号
松原市指定
指定年月日:20180920
宗教法人 西方寺 代表役員 安岡剛史
有形文化財(美術工芸品)

 後補は、両袖以下、両手肘先以下、両足先、台座、光背、表面の漆箔、古色。躰部正面胸以下、彫り直し。
 躰部正面全体にはかなり損傷の跡が認められ、本来は偏衫にみられるような緩やかな衣文であったと思われる。また、構造の詳細は不明であるが、恐らく両肩以下は別材製からなり、手首以下を差し込むものと思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

西方寺 木造 阿弥陀如来立像
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西方寺 木造 阿弥陀如来立像
西方寺 木造 十一面観音立像
木造地蔵菩薩立像
木造阿弥陀如来立像
木造十一面観音立像
ページトップへ