木造阿弥陀如来立像 もくぞうあみだにょらいりゅうぞう

木像 / 鎌倉 / 近畿 

不明
滋賀県
鎌倉
木造阿弥陀如来立像 針葉樹(ヒノキか)材、一木割矧造、内刳、漆箔、玉眼。【品質】頭・体の幹部は、木心を背面右方に遠く外した針葉樹の一材から彫成し、右は耳後、左はわずかに…
【法量】単位:㎝ 総高82.5 像高77.2 髪際高72.4 頂-顎13.0 胸奥(左)11.1 胸奥(右)10.7 腹奥12.1 肘張23.7 袖張22.6 裾張16.9 足先開(外)12.7
1躯
滋賀県甲賀市甲南町竜法師2229
甲賀市指定
指定年月日:20120927
有形文化財(美術工芸品)

鎌倉時代の仏師快慶の創始した様式、いわゆる「安阿弥様」を踏襲する阿弥陀如来立像で、周尺に依拠した三尺立像とみられる。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

木造阿弥陀如来立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造十一面観音立像
西方寺 木造 阿弥陀如来立像
西方寺 木造 阿弥陀如来立像<BR/>
木造不動明王立像
木造阿弥陀如来立像
ページトップへ