文化遺産オンライン

木造阿弥陀如来立像

もくぞうあみだにょらいりつぞう

作品概要

木造阿弥陀如来立像

もくぞうあみだにょらいりつぞう

木像 / 平安 / 中国・四国

不詳

岡山県

平安後期/1051~1150

頭部は地髪五段、肉髪八段に螺髪を表す。面相部は丸顔で半眼、閉口。体部は三道を刻出し、大衣を偏袒右肩に着す。服前で大衣を折り返し、数条のU字型の衣文を刻む。下半身には股間…

像高:83.3 髪際高:76.0(現状)頭一顎:15.4 髪際一顎:8.4 面幅9.7 耳張り:11.8 面奥:12.5 胸厚:(右)10.6(左)10.9 服厚:14.6(衣含む) 肘張り:26.4 袖張り:23.3 裾張り:21.…

1軀

備前市大内995番地

備前市指定
指定年月日:20200824

大瀧山西法院
 代表 滝山光實

有形文化財(美術工芸品)

特になし。

木造阿弥陀如来立像をもっと見る

不詳をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

/ 髪際 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索