木造伝観音菩薩坐像 もくぞうでんかんのんぼさつざぞう

木像 / 南北朝  室町 / 中国・四国 

愛媛県
南北朝~室町初期
ヒノキ材、寄木造、玉眼、漆箔、衣部に盛り上げ彩色、内部に束あり。
下半身に裙(裳)をまとい、上半身に袈裟を通肩に着ける。両手は腹前に置いて右手を下に左手を上に重ねる法界…
像高28.3㎝、髪際高19.5㎝、頭頂-顎14.2㎝、髪際-顎4.8㎝、耳張6.2㎝、面張5.1㎝、面奥6.8㎝、肩張13.0㎝、胸奥7.8㎝、膝張20.3㎝、膝奥13.5㎝、膝高(左)4.1㎝、膝高(右)4.1㎝
1躯
愛媛県西宇和郡伊方町三崎1297
伊方町指定
指定年月日:20150225
有形文化財(美術工芸品)

金銅製の宝冠と蓮華座は造立当初のもの

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

木造伝観音菩薩坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造阿弥陀如来立像
木造不動明王立像
木造大日如来坐像
木造大日如来坐像
木造十一面観音坐像
ページトップへ