木造奪衣婆坐像 もくぞうだつえばざぞう

木像 / 室町 / 関東 

東京都
室町時代
玉眼(当初から玉眼であるが現状は後補)。彩色。髪を肩から背面に垂らす。額にしわを刻み、開口して歯・舌を彫り出し、その容姿に勇壮さを加えている。右胸をはだけて、左肩から衲…
像高71.6cm、髪際高65.1cm
1躯
東京都江戸川区東葛西3-3-16
江戸川区指定
指定年月日:20120327
(宗)清光寺
有形文化財(美術工芸品)

ご住職のはなしでは、祖母の子どものころには十王像とともにあったという

作品所在地の地図

関連リンク

木造奪衣婆坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久保 木造大日如来坐像、木造毘沙門天立像及び木造不動明王立像
厨子入木造観音菩薩像及び勢至菩薩像 附 銅製天蓋 木造宝塔 木造舎利容器
木造不動明王半跏像
木造伝観音菩薩坐像
木造阿弥陀如来坐像
ページトップへ