木造阿弥陀如来立像 もくぞうあみだにょらいりゅうぞう

その他の画像全7枚中7枚表示

木像 / 鎌倉 / 近畿 

快慶
三重県
鎌倉
肉髻珠および白毫相をあらわす。螺髪は粒状・右旋にあらわし、地髪部5段、肉髻部7段とする。また、髪際部で34個を数える。髪際は、中央で弧状を描かず、ほぼ水平にあらわす。耳朶環状…
像 高  78.2        胸 厚 (左)12.6
髪際高  73.1            (右)12.7
頂~顎  13.8        肘 張  25.9
面 長   8.7       …
一躯
三重県津市一身田上津部田3060
松阪市指定
指定年月日:20200421
宗教法人安楽寺
有形文化財(美術工芸品)

平成30年、奈良国立博物館によるX線CTスキャン調査により詳細な構造が明らかになったことに加え、像内脛周辺位置に丸めた紙のようなもの、大腿部付近に紙を細長く畳み折り曲げたようなもの、さらにその上部に長約4センチ、幅約0.6センチの木片が納入されることが確認された。なお、本像は過去に解体された形跡が認められないことから、納入品が造像当初のものであることも知られる。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

木造阿弥陀如来立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造地蔵菩薩立像
木造地蔵菩薩立像

快慶もしくはその至近の人物

木造阿弥陀如来立像
西方寺 木造 阿弥陀如来立像<BR/>
木造聖観音立像(井田観音像)
西方寺 木造 阿弥陀如来立像
ページトップへ