木造地蔵菩薩立像 もくぞうじぞうぼさつりゅうぞう

その他の画像全8枚中8枚表示

木像 / 鎌倉 / 近畿 

快慶もしくはその至近の人物
三重県
鎌倉
円頂。緩やかにうねらせた髪際を浅く刻む。白毫相をあらわす。耳朶環状。右手は臂を軽く曲げながら垂下し、甲を斜め前方に向けて第1・2指先をつけ、他指は軽く曲げて錫杖を執り、左…
像 高  52.0        胸 厚 (左) 7.6
髪際高  49.4            (右) 7.3
頂~顎   9.0        肘 張  17.2
面 長   6.4       …
一躯
三重県津市一身田上津部田3060
松阪市指定
指定年月日:20200421
宗教法人安楽寺
有形文化財(美術工芸品)

平成30年、奈良国立博物館によるX線CTスキャン調査により詳細な構造が明らかになったことに加え、像内胸部より脛にかけての位置に巻子状の品が2点認められる。左方に位置するものは直径約3.3~4.5センチで長は約23.4センチ。右方に納入されたものは直径が約4.3センチ、長約22.9センチである。いずれも軸は取り付けられていない。また、胸部後方より腹部前方には直径約1.3センチ、全長22センチほどの巻子状の品が折り曲げて納入されている。これも軸は見受けられない。丸めた紙のようなもの、大腿部付近に紙を細長く畳み折り曲げたようなもの、さらにその上部に長約4センチ、幅約0.6センチの木片が納入されることが確認された。さらに左胸の位置に折り畳んだ紙が前記した2件3点の納入品上に確認されている。なお、本像は過去に解体された痕跡が認められず、これらの納入品は造像当初に奉籠されたことがわかる。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

木造地蔵菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造阿弥陀如来立像
木造聖観音立像(井田観音像)
如来立像(伝福岡県出土)
木造地蔵菩薩立像
等善寺 木造如意輪観音坐像
ページトップへ