正傳寺所蔵 薬師如来立像 しょうでんじしょぞう やくしにょらいりゅうぞう

木像 / 平安 / 近畿 

大阪府
平安時代
形状:螺髪切付(後頭部は螺髪を大幅に省略)。肉髺珠・白毫・三道を表す。耳朶は貫通していない。下半身に裙、上半身に僧祇支の上から衲衣を着する。右手は軽く下げて親指を曲げて…
【単位㎝】:(本体)総高218.6、像高181.1、髪際高167.0、面長21.5、面幅20.0、面奥27.3、耳張24.5(現状)、胸厚(右)28.9、腹厚30.7、臂張54.4、
裾張46.9、足先開26.9(台座)高37.5、幅86.0、奥…
1躯
大阪府四條畷市大字上田原316番地
四條畷市指定
指定年月日:20120126
宗教法人 佛法山 正傳寺
有形文化財(美術工芸品)

両手首先、両足先を除いてほぼ全容を一木から木取りした古様な構造で、やや窮屈な姿勢である。
僧祇支の右肩部に衲衣を掛ける着衣法は、7世紀後半から見られ、9世紀に遺例がやや多く、10世紀にはあまり見られない。本像は古い着衣法の例である。しかし衣文の彫が浅く、また側面観がやや浅く、10世紀に入るかもしれない。
本像は通常の如来像と異なり右手を下げて左手を上げているが、両手首から先は後補であるしかしながら、この種の形式の如来像ではこれほどの大像は珍しく、また本市内最古の本格的な彫刻としてきわめて貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

正傳寺所蔵 薬師如来立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西方寺 木造 阿弥陀如来立像
西方寺 木造 阿弥陀如来立像<BR/>
木造不動明王立像
木造阿弥陀如来立像
木造地蔵菩薩立像
ページトップへ