阿弥陀如来立像 あみだにょらいりゅうぞう

彫刻 / 平安 

12世紀 平安時代
木造
像高96.7
1軀
重要文化財

平安時代後期に造られた高さ3尺の阿弥陀如来像の優品。3尺の阿弥陀像は鎌倉時代に盛んに造られたが、平安時代に遡る作例は少なく貴重である。温和な表情を見せる目鼻立ちや浅く流れるような衣文表現など、京都・平等院阿弥陀如来像を制作した定朝の様式を正統に受け継いだ仏師の制作と考えられる。京都・亀岡市の元明院に伝来したものである。

作品所在地の地図

関連リンク

阿弥陀如来立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来像
阿弥陀如来坐像
ページトップへ