徳之島カムィヤキ陶器窯跡 とくのしまかむぃやきとうきかまあと

その他の画像全2枚中2枚表示

史跡 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山 / 九州 

鹿児島県
中世
大島郡伊仙町阿三、伊仙
指定年月日:20070206
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

徳之島カムィヤキ陶器窯跡は、九州から南へ約400kmに位置する徳之島に所在する大規模な窯跡である。徳之島は琉球列島のうち奄美大島と沖縄本島の間に位置する比較的大きな島であり、窯跡はその南部、海岸から約3kmほど離れた、標高170から200mの丘陵に分布する。
カムィヤキは須恵器に類似する色調・製作技法で、窯跡発見以前から南島地域一円でグスクなどの遺跡から出土することが知られており、「類須恵器」などと称され注目されていた。昭和58年(1983)、伊仙町阿三の亀焼地内において、県営圃場整備事業に伴うため池建設の際、はじめて窯跡が発見された。カムィヤキの名称は、「亀焼」を地元で「カムィヤキ」と称することに由来する。急遽実施された発掘調査により、二つの地区で窯10数基が確認された。ため池の部分の窯は地下保存され、それ以外の範囲は県史跡に指定された。その後、平成8年度から16年度まで、伊仙町教育委員会による窯跡の悉皆的な分布調査と発掘調査が行われた。その結果、窯跡は東西約1.5km、南北約800mの範囲に、7支群に分かれて分布することが判明した。各支群は複数の地区から構成され、各地区にさらに集中地点がある。詳細な窯の数は不明であるが、現状では100基ほどと推定される。
発掘された事例によれば、窯体は平面いちじく形を呈し、全長4・5m、幅1mほどの大きさの地下式窖窯である。すぼまった燃焼部に焚き口が取り付き、窯尻には煙道が設けられている。床面の傾斜は30から40度ほどあり、床面に焼台が設置されている。製品は還元焔焼成で、表面は青灰色、器肉は赤褐色を…

作品所在地の地図

関連リンク

徳之島カムィヤキ陶器窯跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

五所川原須恵器窯跡
珠洲陶器窯跡
牛頸須恵器窯跡
船迫窯跡
小長曽陶器窯跡
ページトップへ