老洞・朝倉須恵器窯跡 おいぼら・あさくらすえきかまあと

史跡 / 中部 

岐阜県
岐阜市芥見
指定年月日:19790531
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S54-6-039[[老洞]おいぼら]・[[朝倉]あさくら]須恵器窯跡.txt: 岐阜県[[各務原]かがみがはら]市の北半から岐阜市の東端にかけて広がる各務原山地の南麓には、130基をこえる奈良・平安時代の須恵器窯跡が分布しており、美濃須衛古窯跡群の名で知られている。老洞古窯跡群および朝倉古窯跡群は、この美濃須衛古窯跡群の西端、通称諏訪山の南北斜面にある奈良時代の窯跡群である。
 南麓の朝倉古窯跡群は、昭和42年「美濃国」の刻印を持つ須恵器が発見され、注目されることになったものであり、現在4基以上の窯跡が保存柵で囲われて残されている。一方、北麓にある老洞古窯跡群は、昭和52年「美濃国」印をもつ須恵器の表面採取によって発見され、翌53年岐阜市教育委員会と名古屋大学による確認調査が行われた。調査の結果、3基の窯跡が確認され、3号窯・1号窯・2号窯の順で継続して操業されたこと、そのうち、奈良時代初頭の1号窯で「美濃国」の刻印・ヘラ書をもつ須恵器を生産していたことがわかった。全貌を検出した1号窯は、全長9.3メートル、焼成室の最大幅1.3メートルの規模をもつ、半地下式・無階の登り窯である。1号窯出土の刻印・ヘラ書須恵器は総数402点を数え、杯・長頸瓶・平瓶など当時の殆んどの器種を含んでいる。
 日常用器である須恵器にとくに国名を記した理由については、時期が限定されること、また国名を記す例が美濃1国に限られることからも、種々の想定が可能であるが、まず第1に指摘されるのは美濃国衙との関係である。このことは、美濃国印をもつ須恵器の出土地が、旧美濃国と隣接する尾張国の北辺部に集中し、この地…

作品所在地の地図

関連リンク

老洞・朝倉須恵器窯跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

灰釉長頸瓶
岐阜県老洞一号窯跡出土品
牛頸須恵器窯跡
船迫窯跡
五所川原須恵器窯跡
ページトップへ