西祖谷の神代踊 にしいやのじんだいおどり

その他の画像全9枚中9枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選択年月日:19700608
保護団体名:神代踊保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

三好郡西祖谷山村の天満神社の祭のおり(旧六月二十五日)に行われる大がかりな風流の一種で、もと太鼓踊、笠踊などとも呼ばれ、雨乞祈願の芸能であったといわれる。まず、山伏の法螺貝を合図に、棒振、獅子、薙刀、踊子などが円陣を作って踊り(いりは)、各役ごとに休みながらも踊り継いで、最後にもまた法螺貝の合図で踊りながら退出(では)する。このときの太鼓は、特に踊り太鼓とも呼ばれ、その打ち方には十二種(十二シバヤとも)があり、扇の使い方すなわち踊振りも十二種がある。曲は「これのお庭」「花踊」「小原木」など十二曲他。

関連リンク

西祖谷の神代踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西祖谷の神代踊
越路の雨乞踊
水無神社の神事芸能
本地の花笠踊
大瀬の太鼓踊
ページトップへ