感応楽 かんのうがく

その他の画像全5枚中5枚表示

無形民俗文化財 / 九州 

選定年月日:19711111
保護団体名:山田の感応楽保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、福岡県豊前市四郎丸字山田に伝承されるもので、九州方面に多く分布する太鼓踊の一種であり、単に楽、楽打とも呼ばれる。
 大富神社の御田植祭(隔年四月三十日、五月一日)の御神幸に伴なうもので、天地すなわち神人感応を旨とする踊である。
 その組織は、団扇使・中楽(本楽)・側楽(花楽)・左引き(音頭)などの各役多数が、拝殿前の広庭に並び、「感応楽祭文」を読み立てて、次いで円陣をなして太鼓踊を展開する。
 踊の手は「ダンメンドロ」「道楽」「念仏の切」など十九種があり、その演技・演奏法は豊前地方の代表的な楽打として、特色の著しいものである。

関連リンク

感応楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勝手神社の神事踊
白石踊
水無神社の神事芸能
西祖谷の神代踊
下水流の臼太鼓踊
ページトップへ