大塚山古墳 おおつかやまこふん

その他の画像全4枚中4枚表示

古墳 / 東北 

福島県
会津若松市一箕町
指定年月日:19720526
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 会津盆地の東南隅にある比高30メートルの独立丘陵上に所在する前方後円墳で、丘陵の尾根を利用して作られている。主軸の長さは90メートル、後円部は径45メートル、高さ6メートル、前方部は幅23メートル、高さ3.5メートルで前方部がせまく、かつ低い形態を示す古墳である。
 昭和39年、東北大学の伊東信雄教授らによって後円部だけが調査された。その結果主軸と直交する2個の木棺が発見され、副葬品として、三角縁神獣鏡や銅鏃・環頭大刀・直弧文のある靱[ゆき]などが発見された。また鉄製品として、短冊形の鉄斧などもあり、副葬品の組合せは前期古墳に通じてみられるものである。古墳の形態などとあわせて考えると、その築造年代は4世紀末ともいわれており、このような古い古墳が東北地方の山岳地帯に存在していることは東北地方の開拓の歴史からみて学問的にはきわめて重要なことである。
 会津若松市は、この丘陵一帯を墓地公園とする工事を行なっているが、この前方後円墳と、すぐそばにある円墳1基は、墓地公園内の緑地として活用される予定である。

作品所在地の地図

関連リンク

大塚山古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

弘法山古墳
稲荷森古墳
埴科古墳群         <BR/>   森将軍塚古墳     <BR/>   有明山将軍塚古墳 <BR/>   倉科将軍塚古墳   <BR/>   土口将軍塚古墳
銚子塚古墳<BR/> 附 小銚子塚古墳
石神山古墳
ページトップへ