明石藩舞子台場跡 あかしはんまいこだいばあと

史跡 / 江戸 / 近畿 

兵庫県
近世
神戸市垂水区東舞子町
指定年月日:20070206
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

明石藩舞子台場跡は、幕末、大坂湾防衛計画の一環として、瀬戸内海上交通の要衝である明石海峡の防備を目的として、明石海峡の本州側、舞子の地に築造された軍事施設の一つである。文献史料には舞子砲台ともみえる。
 幕末、開国を求める欧米列強の相次ぐ来航によって、江戸幕府は海防強化を余儀なくされた。幕府膝下の江戸湾品川沖には台場が築造され、大坂湾周辺においては日米和親条約が締結された安政元年(1854)、露国のプチャーチンがディアナ号で来航して開国を要求したことから、安政2年幕府によって大坂湾防衛計画が決められ、周辺諸藩に対して台場築造、大砲鋳造等の命令が下された。既に嘉永6年(1853)に三箇所の台場を築造していた明石藩は、この命令に基づき文久2年(1862)に9箇所の台場を築造したが、翌3年に至り将軍徳川家茂の巡見に先だって台場の改築を幕府から命じられ、一万両の貸し付けを受け、台場を造営することになった。舞子台場は、徳島藩によって文久元年に舞子の対岸淡路島北端に築かれた松帆台場と一対となって明石海峡の防備を担うこととされた。
 台場の造営は、文久3年に開始、翌元治元年(1864)あるいは慶応元年(1865)には台場の工事が完了したとされる。台場の縄張り・構造については勝海舟の現地指導を受けた。ただ、砲台に伴う他の付帯施設は構築されず、実際には大砲も据え付けられずに、明治維新を迎えたようである。台場は半星形稜堡式の形態をとり、総石積によるものであった。橋本海関『明石名勝古事談』によれば、前面には砲門が15基設けられ、背後に5つの石製円形門等があったと…

作品所在地の地図

関連リンク

明石藩舞子台場跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

徳島藩松帆台場跡
鍋島直正品川台場巡視之図
伊王島・四郎島・神之島矢利絵図
小浜藩台場跡<BR/> 松ヶ瀬台場跡<BR/> 鋸崎台場跡
神崎御台場図
ページトップへ