墓誌断片(奈良県行基墓出土) ぼしだんぺん(ならけんぎょうきぼしゅつど)

考古資料 / 奈良県 

奈良時代 8世紀/天平12 749
銅製 鋳造 鍍金
11.2x6.7
1個
奈良県生駒市有里町出土
重要美術品

 奈良時代の高僧、行基の火葬墓から出土した銅鋳製の墓誌断片で、残画を含め4行21字が残る。奈良・唐招提寺に伝わる『竹林寺略記』によると、行基墓は文暦2年(1235)に発掘され、八角石筒の中に銀筒を納め、その中に「行基菩薩遺身舎利之瓶」の銀札を付した銀製舎利瓶が奉安されていたという。銀筒には20文字詰17行、309字からなる「大僧正舎利瓶記」が刻まれていた。それによると、行基は天平21年(749)に右京の菅原寺(喜光寺)で死去、生駒山東麓で火葬され、竹林寺(生駒市有里)の境内に葬られるが、この墓誌の残欠はその一部と認められる。形式の整った中国風の墓誌銘の遺例として貴重である。
 なお、行基墓は文暦2年に発掘されたのち、埋め戻されているので、現在の遺品はその後に再び掘り出されたものである。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, p.282, no.19.

作品所在地の地図

関連リンク

墓誌断片(奈良県行基墓出土)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐井寺僧道薬墓出土品
美努岡万墓誌
墓誌・骨蔵器(奈良県佐井寺僧道薬墓出土)
経筒(伝北九州出土)
墓誌(山代忌寸真作墓誌)
ページトップへ